視力が低下してしまうと、毎日の生活に不便が生じてしまうものです。少しでも目の負担を減らし視力を良くさせようと、視力回復手術を受ける人も増えてきています。短時間の手術で終了しますし、視力を回復させてくれる便利な手術ですが、リスクが高いのではと心配し、視力回復手術は受けずにコンタクトレンズを使用するという人もいます。
コンタクトレンズは気軽に使うことが出来て便利ですが、きちんと安全面を考慮して使用しないと、目に対する危険性が高まり視力回復手術よりもリスクはぐんと高くなってしまいますので気を付けましょう。コンタクトレンズは雑菌が付きやすく合併症などのトラブルの原因になってしまう場合もあります。
コンタクトレンズに付いた雑菌が結膜に炎症を起こさせてしまい、アレルギー性結膜炎になることもあります。目の充血やかゆみ、角膜に傷が付くなどの症状が出る場合もあります。角膜に炎症が起こると角膜炎になってしまいます。発熱や痛み、腫れなどの症状が出るのが特徴です。角膜は視力を保つ大切なものですが、失明する危険性もある病気ですので注意が必要となります。
コンタクトレンズは目に触れる酸素をシャットアウトしてしまいます。長時間使用することで、角膜の細胞が酸素不足になってしまうこともあるのです。目が乾燥するドライアイという症状になることもあります。目がかすんだり疲労感、違和感を感じる場合もあります。目が乾いた状態になると、傷が付きやすくなり合併症の危険度も高まりますので、しっかりとしたケアが必要となります。

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する